FC2ブログ
2018 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
備中松山城探訪記
- 2009/12/20(Sun) -

今冬一番の寒さの残る12月20日(日)朝。車で約一時間。
備中松山城を訪れた。

松山城といえば愛媛県松山市を思い浮かべる方も多いだろうが
こちらは岡山県中西部、高梁市にある。

高梁川沿いにある小松山(標高430m)の山頂を中心に築かれた山城。
山城という形式は戦国時代以前の築城方法であり、そのことからも
わかるようにその歴史は古く、鎌倉時代までさかのぼる。

天守が現存する城は日本には12城しかない。(詳しくはこちら→)
その現存12城のほとんどが平野につくられた平山城(姫路城他)
や平城(信濃松本城他)であるのに対して、この備中松山城
唯一の山城で、一般車両の通行できる道路は山の中腹の駐車場
までしかなく、あとは山道を徒歩で登らなくてはならない。

【このような山道を登ること約1km】
DSC_4396.jpg

山は下から見上げるもの・・・と普段から山歩きなどしない
根っからのインドア派の私。途中何度か休憩しながら石のゴロゴロした
歩きにくい山道を登る。観光シーズンオフとこの寒さのため
他にこの城をおとずれている人はまったくいない。
幸いにも坂道にあえぐ へたれぶりを人にさらさなくて済んだ。

山頂までの限りない坂道と石段。この石段が非常に登りにくい。
積もる落ち葉で滑るせいもあるが、敵兵を一気に走り登らせないため
の工夫なのか、それとも単に適当に石を積んだせいなのか、・・・
不規則な段が足のリズムを狂わせてしまうからだ。

【やっと山頂の石垣が見えてきた】
DSC_4400.jpg


坂道と石段に辟易としたころ・・・
このような立て札が。私だけじゃなく皆この城まで
登ってくるのは大変なんだな、とちょっと安心。


【山頂付近には残雪が】
DSC_4409.jpg

この寒波で降った雪がまだ溶けずに残っていた。
ほとんど足跡もついていない。・・・ということは
駐車場に「入城料300円」と書いた看板があったけど
ひょっとして誰もいないんじゃね?うまくいけばタダで
はいれるかも、と淡い期待が・・・。

【ついに天守が見えた】
DSC_4412.jpg

強い風に速く流れる雲がはれた瞬間パチリ。
写真では何度か見たことがある備中松山城の天守閣。
天守自体はあまり大きくはないことは知っていたが、
さすが山城である。周りの石垣を含め戦闘的な威圧感が
ひしひしと伝わってくる。

【430mの山頂から見下ろす高梁川】
DSC_4548.jpg

天守がある本丸へ登る石段を上がったところ
にちいさなチケット売り場らしい建物があった。
相変わらずあたりに人影はない。私一人である。
おそるおそるチケット売り場の窓口をのぞいてみた。
中は暗い。

「おはようございます。300円です。」
係りのおじさんが人懐こい笑顔で中に座っていた。

おわっ!人がいた!私の淡い期待は破れた。

「寒かったでしょう?」と中のおじさん。

「いや、これだけ歩かされれば寒くはないですよ。」
と皮肉もこめてしぶしぶ財布からお金をだす私。

「しかし・・・お年寄りだとここまで来れないですね。」
という私の問いに、
「いや、八十のお年寄りでも登って来られる人もいますよ。」
とちょっとムッとした表情の中のおじさん。

どうやらココは城を見るだけではなくちょっとした
トレッキングも楽しめるというコンセプトがあるらしい。

誰も来ないので人恋しいのか、やたら話かけてくるチケット売り場の
おじさんと、しばし歓談のあといよいよ本丸の門をぬけて中へ入った。

つづく・・・・・え?つづく?

はい・・・今年いっぱい引っ張ります。(△△;)>


span style="font-size:x-small;">このブログはにほんブログ村写真ブログランキングに参加しています。
もし、お気に召す写真がありましたらバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
☆にほんブログ村☆
・・ちょっと上昇58位・・・
ガンバラネバ(△△#)


スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<備中松山城探訪記その2 | メイン | 晩秋>>
コメント
- -

登城心得・・が、「よくまいられた」ぁぁぁ????

けど、この城兵糧攻めされたら一発アウトだったでしょうねぇ。。。
2009/12/20 23:41  | URL | はやひで #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

- -

よくのぼられた(笑)

文中でも触れられてますけども、
ご年配でも、けっこう足の達者な方って、
山でもしばしば出会いますからねぇ。
そのたんびに、自分の運動不足を痛感するもんです(^^;
2009/12/21 00:00  | URL | 「ほ」 #4ifQ3KdE[ 編集] |  ▲ top

- -

備中松山城っていうお城があるなんて、、、旅をしながら、これでもかっていうくらいたくさんのお城を訪れたと思っていましたが、備中松山城は行ったことありませんでした。。。今度、暇を見つけて行ってみよっかな♪♪

でも、その前に体力つけなきゃ☆ノノ
2009/12/21 12:43  | URL | datgo #-[ 編集] |  ▲ top

- なかなかええセリフ -

「よくぞ まいられた」が効いてますね。
あまりにも立派な山城にびっくりしました。
すこし辛い目をしても、満足ものです。
最後の写真が好きです。
2009/12/21 20:42  | URL | ken #nn2s4Z0M[ 編集] |  ▲ top

- -

山城といっても立派な城ですね。
私の実家の近くにある城跡は石垣のようなものも残ってます。
頂上には土塁もありますし...
子供の頃はよく登って遊んだものです。
2009/12/22 11:41  | URL | いわちゃん #3un.pJ2M[ 編集] |  ▲ top

- -

立派なお城ですね。
こんな山城だと、敵陣が攻め込んで来ようと
するのを、いち早く察知できたんでしょうね。
2009/12/22 13:34  | URL | アリーノ #et5Kmhdk[ 編集] |  ▲ top

- -

>はやひでさんへ
城というものは単独ではどんな名城でも周りを囲まれて兵糧を断たれればいつかは落ちるもの。そうならないために支城とか出城というものが周りにあり、また隣国との同盟など常に必要な手立てを打っておかねばなりませぬ。将棋と同じでござるよ。
2009/12/23 12:48  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>「ほ」さんへ
そうですね~。年齢ではなく、普段どれほど足を使って生活しているかってことでしょうね。私なんぞは下手すりゃ1日で100歩もあるいてないんじゃないかって日があります。(==;)
2009/12/23 12:54  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>datgoさんへ
ぜひいってみてください。でも撮影機材は
少なめで軽くしてね。
2009/12/23 13:04  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>kenさんへ
古代の山城と違い、明治維新までちゃんと使われていた城ですのでそれなりの体裁はととのっています。川沿いに立ち上がった山城なので真下に町や川を見下ろすような感覚が気持ちよかったです。
2009/12/23 13:13  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>いわちゃんへ
おねいちゃんと山登りが得意ないわちゃんなら
らくらく登っちゃうね。きっと。
2009/12/23 13:19  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>アリーノさんへ
アリーノさんも山歩きが得意だから軽々と
登っちゃうでしょね。・・・若いし・・(-v-)
2009/12/23 13:51  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sunsettj.blog75.fc2.com/tb.php/83-e71ed7a3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。