2010 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タイトルなし
- 2010/10/30(Sat) -
はやいもので10月も終わりです。今年もあと2ヶ月。
なんとなく冗談みたいに感じてしまいます。

あんな写真を撮ってみようか・・・
こんな方法で撮影してみようか・・・

なんて構想が置き去りにされたまま
忙しさのなかで日々が過ぎ去ってしまったような。

【ワデワデハ暑イ日モ寒イ日モ文句ヲ言ワズ常ニ規律正シク仕事ヲ遂行スルノミデアディマス。】


11月は活動再開の月としたいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
彼岸花
- 2010/10/05(Tue) -
どうも最近ふざけてばかりで・・・
たまには真面目に写真に取り組まなければ
ならないような気もして撮ってみました。
  
DSC_7865-101003_146.jpg

曼珠沙華(マンジュシャゲまたはマンジュシャカ)とよばれることが多いみたいですが
自分の子供のころはそういう名称は知らずにもっぱらヒガンバナとよんでいました。

DSC_7861-101003_145.jpg
    
彼岸花には毒があると言われていて(実際誤食すると下痢や嘔吐を引き起こすらしい)、
竹で作った自作の弓矢の先に茎を折って出てくる汁を塗って
「毒矢だぞ~!」と遊んでいたものでした。

・・・といってもそれで何かを射るというわけではないのですが・・・・。
 

DSC_7837-101003_139.jpg
    

もともとそういった毒性を農作物を荒らす動物が嫌うので、田んぼや畑の周りに植えたのだそうです。
そういえば確かに田畑の周りに咲いているのをよく見かけるなぁ。・・・納得。


DSC_7845-101003_141.jpg
    
さらに付け加えると、墓地の周りでこの彼岸花を見かけることも多いのですが、
これは土葬だった時代、肉食動物を墓地に近づけないために植えたのだとか・・・。
な~む~(-∧-;) 
 
DSC_7847-101003_142.jpg
    
もともとは中国から伝わった一つの球根が株分けされて
全国に広まったものだとか・・・故に日本の彼岸花は全て
遺伝的にはまったく同一なものなんだって。ソメイヨシノと同じですね。
う~ん、確かに園芸種以外の自然に咲いている花はどれを見ても没個性。


ということは白い彼岸花は突然変異種なんでしょうね。(たぶんですけど)


DSC_7859-101003_143.jpg
   
個人的に赤い花の撮影は苦手なのです。(ー ー;)
天気の良い明るい日の撮影ではよほど気を使って撮らないと
赤色の階調がつぶれてしまってベタっと絵の具を塗ったようになっちゃうから。
かえってこういう雨の日のほうが撮りやすいのかもね。 
 
DSC_7878-101003_147.jpg

以上ウンチク込みの彼岸花写真でした。・・・・オチはありません。
 
 
ブログ、サボりすぎて順位がえらいことになってます。 。。゛(ノ>ω<)ゝヒーッ

にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
この記事のURL | 写真 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。