2010 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たんぽぽ物語
- 2010/04/29(Thu) -

Dandelion stories


DSC_6642-100429.jpg

綿毛の種子が風にのって・・・

DSC_6581-100425.jpg

いきおいよく飛び出したはいいが・・・危うく池に落ちそうになったり

DSC_6596-100429.jpg

硬い岩のちょっとした隙間に偶然着地したり・・・

DSC_6611-100429_000.jpg

風に乗れず、すぐに落ちちゃったり( ̄Д ̄;)

DSC_6624-100429_001.jpg

それぞれのタンポポは・・・

DSC_6628-100429.jpg

それぞれの物語を持っていても、

DSC_6577-100425.jpg

何も語らず黙って今、こうして咲いているんだろうな・・・。




↓今の順位。押せばわかるヨ。↓
にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
散る桜
- 2010/04/15(Thu) -

Scattering cherry blossoms



6445.jpg


の花の散る寂しさは
日本人にとって独特な
感情の機微を伴うのでは
ないでしょうか?


6447.jpg


キレイな花が散ってしまうのは
それがどの花でも寂しいもの・・・。
しかし日本人はの花だけは
特別な感情とともに人の命と
重ね合わせて来たようです。


6458.jpg


「散る 残るも 散る」(作者不詳)


ご存知の方も多いと思います。一説には
良寛の辞世ともいわれていますが
作者のはっきりとしない句です。
映画「男たちの大和」では反町隆が沖縄出撃前に
この句を語ります。


6436.jpg


今年もは見事に咲きました。
その桜の淡い花びらを見て
感動の喜びとともに
心の奥底に常に悲哀の情を感じてしまうのは
私だけでしょうか?


6460.jpg


日本人と桜・・・
桜の花に秘める日本人の感情・・・。


6439.jpg


戦争と平和。
日本人的思考と積み重ねられた歴史。
そして命の尊さ。


散る桜を見ながらもう一度
考えてみてはいかがでしょうか。


6464.jpg


【於:岡山市神道山】

桜は散っても( ̄Д ̄;)目指せ1位返り咲き。
↓今の順位。押せばわかるヨ。↓
にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
にほんブログ村




前のテンプレートはコメントが出来ずご迷惑をかけました。
こいつは大丈夫です。m(==;)m




この記事のURL | 写真 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
桜夜城
- 2010/04/11(Sun) -

NightCastle of cherry blossoms



岡山城、夜の撮影です。
後楽園東側旭川河川敷では最後のを楽しむ人々で
ごった返していましたが、ここは人も来なくてとても静か。



DSC_6513a.jpg

岡山城公園、夜でも入れるんですね。初めて知りました。オフ会参加の
方々には見覚えのあるあの場所です。天守閣のライトが緑色に写ってますが
実際に緑っぽい光なのです。(写真よりもうちょっと薄い緑だったかな。)
できれば白色光にしてもらいたいと個人的には思うのですが。



DSC_6474.jpg




【夜の
にはライトがあたっていないのでストロボを使っての撮影です。
GN(ガイドナンバー)30の外付ストロボ使用。GN30だとフル発光させると
F1.4レンズ開放で理論上21.4m先まで撮影に必要な光量を得ることができます。
光を遠くまで飛ばしたいので絞りを開放気味にしますが、それにより
被写界深度が浅くなりピントの合う前後の範囲が狭くなります。
この二つの相反する値のせめぎあいが闇中でのストロボ撮影の難しいところです。



DSC_6483.jpg




【旭川の水面に写るさかさ城】
水面が川なので、緩やかとはいえ流れがあります。
今までここでこの手の写真は何度か撮りましたが、長時間露光では
水面がゆれて逆さに写ったほうの城がぶれてうまく撮れなかったのですが
今回はなぜかうまく撮れました。理由はわかりませんがたまたま川の流れが
ゆるやかな日だったのでしょう。



DSC_6534.jpg


さかさ岡山城がきれいにみえる場所には残念ながらがありません。
・・・・ので・・・この不自然なは合成です。( ̄Д ̄;)
DSC_6537.jpg




わちゃっちゃー( ̄Д ̄;)いつの間にやら3位陥落。
姑息な手段も通用するのはここまでか?
↓今の順位。押せばわかるヨ。↓
にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
にほんブログ村
この記事のURL | 写真 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
SAKURA2010(西日本オフ会より)
- 2010/04/04(Sun) -

SAKURA2010



4/3日(土)西日本エリア2度目のオフ会が岡山~倉敷で開催されました。
地元開催ということで、カーリングのストーンの前をブラシで擦るひとみたいに
参加していただいた皆さんの先導役として行く手を掃き清めながらの行進。
それに足して、携帯電話からの「ほぼリアルタイムレポート」と、あまり撮影する
暇はありませんでした。・・・・ま、いつも撮影している場所なのでいいんですけどね。

DSC_6408a.jpg


【岡山城】
木の先端に花がついていないのが残念。
DSC_6366a.jpg


【後楽園】
時間の関係で園内を半周しかできず、とりあえず
皆さんには桜のある部分だけ見ていただきました。
DSC_6387a.jpg


倉敷美観地区
6人での団体行動は無理とみて最終的な集合場所と時間のみを
決めて各自自由行動。皆さんがどのような写真を撮られたのか
・・・・楽しみです。
DSC_6397.jpg


私は神戸の母、高松のエ◎おやじと3人で町並みを散策。
DSC_6400a.jpg


けっこ~足にきましたがBKSは忘れてません・・・。
DSC_6409.jpg


もう少し突っ込んだオフ会レポートは
「( ̄Д ̄;)ど~でもいいんですが」のほうで書く予定ですが
・・・ひょっとしたら書かないかもしれません。(え~かげんな予定です)



遠路はるばるお越しいただいた Kenさん、アリーノさん、いわちゃん、datgoさん、はいどさん
お疲れ様でした。また次回あいましょう。




わちゃっちゃー( ̄Д ̄;)いつの間にやら1位陥落。
姑息な手段も通用するのはここまでか?
↓今の順位。押せばわかるヨ。↓
にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
にほんブログ村
この記事のURL | 写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。